アルミホイルと塩で

こんにちは。
ウォーキングを始めて1か月半、歩き始めたころは半月で2.5キロも減ってウキウキしてたんですが、すぐに食欲の秋に突入し、体重は元に戻ってしまいました。
体重計に乗ると、500g減って300g増える・・・700g増えて200g減る、みたいな行ったり来たりを繰り返しています。
体重を落とすのも目標の一つだったのですが、体力をつけたい、でもジムに行くほど元気ではない、どうしたらいいかなとぼんやり考えていて結論は出ませんでした。
きっかけは区の健康診断で、中性脂肪が多かったこと。
生まれて初めての高い数値にビビり、いつのまに私は隠れメタボになったやらとショックでした。
そして健診の頃はひどい頭痛と吐き気とめまいに悩まされていて、貧血も歩けば何とかなるんじゃないかという漠然とした考えが頭の中にありました。
一応病院で鉄剤を貰い、炭水化物を控えて歩きはじめ、始めたころはぐったり疲れて帰ってすぐ寝る、という情けない状況でしたが、慣れてくると1時間かかってたのが50分で歩けるようになり、昼に歩いていたのを朝に変え、一日の始まりをすっきりした体と心で迎えています。

さて、話題は変わりますが、お客様に「シルバーのティースプーンが変色した場合、アルミホイールと塩で茹でれば綺麗になる」お話をチラとさせていただきましたので、ここに詳しく載せたいと思います。
数年前、銀のティーポットを仕入れたのですが、倉庫で見た時はそんなに気にならなかった黒ずみも、明るいところで見てみると意外にくすんでいることがわかり、銀磨きで磨こうかなと思っていると、アルミホイルと塩で茹でると良いとどこからか聞きましたので、やってみたところ、きれいになりまして無事、そのティーポットはお嫁入りを果たしました。
それ以来やってないアルミホイルと塩の漂白ですが、手持ちの銀メッキのスプーンがかなり汚れていたので再びやってみることにしました。



e0249830_12574457.jpg



びっくりするくらい汚くなってしまっているスプーン。





e0249830_12581385.jpg


e0249830_12582862.jpg



何年も使ってなくて、ほったらかしでした。
さっそく鍋にアルミホイルを敷いて水を入れ火にかけます。





e0249830_12592433.jpg


アルミホイルの大きさとかは鍋に合わせればよいと思います。
お湯が沸いてきたらスプーンを投入。





e0249830_1301253.jpg


救いがたいくらい汚れているものがあります。





e0249830_1303644.jpg



適当に塩を入れる・・・うちにはブルターニュの塩しかなかったのでもったいないので、少な目に。
塩を入れると一瞬で綺麗になります。
でも2.3分くらいぐらぐらしたでしょうか。
取り出して水洗いし、よく拭きます。





e0249830_1311674.jpg


茹でる前よりましになった感じ。






e0249830_1321145.jpg


e0249830_1322355.jpg


まあまあですね。
綺麗にならなかったスプーンもありました。
銀メッキじゃなくてステンレスだったのかな?
なににしても汚れたらすぐこの作業で綺麗にしてあげないと、やっぱり何年も放置しているのは汚れも落ちにくいということです。





e0249830_134968.jpg


使ったアルミホイルは黒くなりました。








銀メッキのスプーンは500円ほどで安いので、汚くなったら買い換えればいいですが、銀製のティーポットやカトラリーは値段も張りますし、こまめにお手入れされることをおススメします。
スプーンがきれいになってちょっといい気分。





紅茶と紅茶周りの雑貨のお店
ラ・メルベイユ
[PR]
by lamerveille | 2015-10-29 13:11 | 雑記