カテゴリ:紅茶のお話( 8 )

松本里美さんのお紅茶


こんばんは。
段々雨風が激しくなる都内です。
ウィークエンドハウスcottoにメルベイユの紅茶を出品します。
お近くのかたはぜひ足をお運びください^^

そして私ともう一人、お紅茶を出品する方がいらっしゃいます。
松本里美さんです。
松本里美さんは紅茶マイスターを目指す、ロッカーで画家なのであります。


e0249830_205836.jpg

e0249830_2052236.jpg

e0249830_2055188.jpg

e0249830_206594.jpg




ラベルはもちろん紅茶のブレンドも里美さんご自身でされます。
里美さんの描く絵に惹かれ、お紅茶を買わせていただきました。
かなり本格的なお紅茶ですよ。



e0249830_207311.jpg

e0249830_208541.jpg



こちらのラベルの絵は小公女。
バーネット作の小公女と小公子、どちらも小学生の頃に読んだ世界の名作シリーズですが、同じバーネット作で好きだったのが「秘密の花園」
今の子はこういうの読まないのかなあ。
娘に勧めてみたけど、ふうん、の一言で終り。






紅茶と紅茶周りの雑貨のお店
ラ・メルベイユ

[PR]
by lamerveille | 2014-10-13 20:10 | 紅茶のお話

こんにちは。
今日もいいお天気でしたね。
早くも今週から10月に入ります。
今年もあと3か月なんだー
1年1年が早いこと。


ルワンダ紅茶、ソルワッテ茶園OP(オレンジペコ)

e0249830_17531358.jpg

e0249830_1753302.jpg

e0249830_1754080.jpg



すっきりとした渋み、花のような香り、明るい水色の紅茶です。
ケニア紅茶以来、気に入った紅茶となりました。
こちらの紅茶はフェアトレード製品となります。
50gでパッキンしましたが、ティーバッグも作ろうかな。









e0249830_1755765.jpg

e0249830_1755202.jpg



トーチバーナーを買ってきたので、クリームブリュレを作りました。
火加減がわからず、火災放射器みたいに、大放火してしまいました_
ブリュレ真っ黒。








紅茶と紅茶周りの雑貨のお店
ラ・メルベイユ
[PR]
by lamerveille | 2014-09-29 17:57 | 紅茶のお話


こんばんは。
ローズティーを新しくブレンドしました。
サンプルをお送りした方には申し訳ないのですが、サンプルのローズティーは仕入れ品でしたので、ちょっと気になって、自分でブレンドしました。



e0249830_22565963.jpg


e0249830_22575312.jpg



ローズレッドを、これでもか!!と言うくらい入れています。
茶葉はダージリン、キャッスルトン茶園秋摘み茶、FTGFOP1、ブレンドするにはもったいない茶葉ですが、あえてこの茶園の茶葉を選び、ローズペダルをちりばめています。
リーフとティーバッグ、両方あります。
10月にはHPにご紹介しますので、もうしばらくお待ちくださいね!









e0249830_2315139.jpg


ロミオのそばで爆睡中のメープル。
メープルプルルン♬





紅茶と紅茶周りの雑貨のお店。
ラ・メルベイユ
[PR]
by lamerveille | 2014-09-27 23:03 | 紅茶のお話


綺麗な絵柄の缶入り紅茶。
飲んだ後もキャディー缶として大事に使うつもりです。

e0249830_15584129.jpg

e0249830_15585529.jpg


くるくる回して眺めてしまう。




e0249830_15592099.jpg

e0249830_15593363.jpg



お茶会にふさわしい優雅なティン缶。
濃厚なアッサムにジャスミンで香りをつけたブレンド紅茶だそうですよ。



HP更新しました。
紅茶と紅茶周りの雑貨のお店
ラ・メルベイユ

[PR]
by lamerveille | 2014-02-15 16:05 | 紅茶のお話

秋めいてきたようです。


残暑が厳しいとはいえ、夜にはすっかり冷たい風が吹くようになり、羽織るものがいるまでになりましたね。
今でこそ健康になり、夏はもちろんフレンチもノンスリーブもキャミソールも着れるようになりましたが、若いころは冷房は全くダメで、真夏でもカーデガンのようなものをいつも持ち歩いていました。
当時は夏用の、ましてUV加工のような気の利いたカーデガンなんてなかったものですから、妙に厚手のカーデガンを持ち歩く私を、友達は笑ったものです。
車の冷房ももちろん受けつけず、暑がりの主人にはそれはそれは迷惑だったことでしょう。
布団はしっかりかぶって寝て、冷たい飲み物食べ物は食べない(食べれない)。
キュウリやナスビのような体を冷やすものも避けていました。
顔色はいつも悪く、夏でも手足は氷のように冷たかったのです。
今は普通の人のように大丈夫ですよ。
だいぶ脂肪がついたんでしょうね。
しかし、私の遺伝子はしっかり子供たちに受け継がれてしまい、もれなくみんな長袖や上着を持って出かけているようです。
体脂肪率5パーセントの息子もいるくらい、みんな細いのです。
電車や建物内の冷房で、体の芯まで冷えてしまうんでしょうね。

さて普通の人になった私でも、紅茶だけは温かくして飲んでいましたが、今年は冷たいアイスティーばかり飲んでしまいました。
外に出かける機会が増えたせいだと思います。
そして、今回初めて仕入れた「ピーチ&マリーゴールドティー」が、とてもアイスティーとして美味しくいただけるというのが一番の理由ではないかと思います。




e0249830_21261984.jpg




時々買うウエハース。
一口サイズは食べ続けてしまうから危険です。
このローカーのウエハースは、バニラやチョコ、ココナッツにレモン、ティラミスといろんな種類があるんですよ。
今日はヘーゼルナッツ。
ローカーはお勧めのウエハースです。

毎晩、主人が返ってきて必ずお茶の時間を一緒に過ごすのですが、フレーバーティーが大の苦手な主人も大好きなピーチ&マリーゴールド、夜風もかなり涼しくなってきたし、そろそろアイスティーではなくてホットでいただこうかな。


ラ・メルベイユ
今月のおすすめは、ピーチ&マリーゴールドティー
[PR]
by lamerveille | 2012-09-03 21:37 | 紅茶のお話

タンニンとカテキン

今朝夫が帰宅しました。
徹夜明けで、さぞ疲れたでしょうに、学校に行く前の子どもたちと一緒に朝食を食べ、会話をし、そして倒れるようにソファで寝入ってしまいました。
さあ、私の時間~
夫が起きたときに、とびきり美味しいお昼を用意しておこうっと!
郵便局に出かけたり、スーパーに行ったり、粗大ゴミ処理券買ったりと、 近くをくるくる回った今日の午前。
お昼の支度もできたけど、すやすや寝ている夫を食事のために起こすの可愛そうだなあ。



e0249830_2223278.jpg


生姜焼きです。
醤油、みりん、玉葱のすり下ろし、生姜、蜂蜜が入っています。
夕食分と一緒ですが、夫は仕事で夕食を家で取れない。残念。




昨日の話の続きですが、お茶にもワインにもタンニンがありますよね。
タンニンは渋みの元なので、悪く言われがちですが、抗酸化作用がある素晴らしい成分です。

カテキンが体にいいのをご存じでしょう?

タンニンとカテキンはほぼ同じ物です。
厳密に言えば、カテキンとは、お茶の渋み成分のタンニンの成分の一部で、ポリフェノールの一種です。
でもタンニンは渋みで、カテキンだけ抗酸化作用でピックアップされて、タンニンもたまったもんじゃないですね。


e0249830_22314361.jpg





お茶は昔、薬として中国から日本に入ってきました。
茶の湯が栄え、宋に渡って帰国した栄西が「喫茶養生記」を書きあげ、より広くお茶の効能などが知られるようになりました。
それでも、お茶の渋みが苦手な方は多いでしょう。
ミルクを入れれば、渋みは軽減されますが、残念ながら、お茶は、乳製品とともに摂取すると、タンニンの抗酸化作用は発揮できにくくなります。
できればストレートでいただきたいですね。
今はお茶は「くすり」ではなく、嗜好品ですので、ご自分が美味しいと思う飲み方やブレンドで、茶葉を選ぶと良いと思います。



e0249830_22272594.jpg

e0249830_22304186.jpg



栄西と喫茶養生記。
[PR]
by lamerveille | 2012-06-26 22:32 | 紅茶のお話

ワインと紅茶と

私は下戸です。
お酒が大好きな夫につきあって、少しはたしなむものの、ぜんぜんイケません。
ウイスキーなんて、ぺろんと舐めるだけです。
焼酎は全くダメ。
日本酒もほとんどNG.
(お屠蘇のみガンバル)
結婚式の三三九度では、倒れそうになって、ほとんど飲まずに夫に杯を渡しました。
カクテルで飲める物はいくつかあります。
バーに行けば、バーテンダーがアルコールの低くて美味しい物をその場で作ってくれます。
バーに行く機会は滅多にないですが、その人の好み、体調、雰囲気に合わせて作ってくれるバーが私は大好きです。
カクテルは、オーダーメイドですよね。
お家では、夫が数種類のカクテルを、簡単に作ってくれます。
この時期にぴったりなのは「モヒート」
ラム酒をベースに作っているようです。
私は何一つ作れないので、飲むとしたら梅酒。
それも自分で作ったものだけ。
市販のものは飲めません。
あと、アルコールで唯一いけるのはシードルとシャンパン、それとワインです。
といってもグラス3杯が限度です。
ワインは紅茶と一緒で、タンニンが含まれていますよね。
抗酸化作用に優れていますので、アンチエイジングにとてもいいわけです。


e0249830_112545.jpg



今日は白ワインを。
白は赤に比べて、タンニンは少なめです。
ワイン専門じゃないので、ちゃんと説明できないですが、赤は葡萄の皮と種子も一緒に醸造するために、タンニンも多めになるそうです。
苦みが苦手な人は、白がいいでしょうね。
紅茶の苦みが苦手、という方が多いですが、紅茶も産地やグレードによって、苦みの成分も、舌あたりも随分違いますから、バーテンダーに相談されるような気持ちで、ぜひ紅茶専門家にお尋ねくださいませ。
あなたにぴったりな紅茶をチョイスしてくれますよ。


e0249830_1393825.jpg


こちらはディンブラ。
芳醇でまろやか、口当たりの良さが特徴です。
ストレート、ミルクティーのいずれでも美味しくいただけます。
タンニンが少ないので、白濁しにくく、アイスティーに向いています。
水出しにしても美味しいです。



ラ・メルベイユ
紅茶と紅茶周りの雑貨のお店


ディンブラ入荷しました。
[PR]
by lamerveille | 2012-06-26 01:43 | 紅茶のお話

また寒さが戻ってきて、昨日なんて雪が降りましたね。
今朝、温かいスパイスティー(マサラティー)を作って飲みました。



e0249830_21354598.jpg




ミルクティーは、普通に紅茶を淹れてミルクを加えてももちろんいいのですが、お鍋で淹れるといっそう美味しいですよ。




美味しいチャイ(ミルクティー)の作り方。(2人分)


1、ティースプーン2杯の茶葉(3g×2 6g)に
熱湯を少量かけて、しとらせておく。

2、お鍋で180ccの牛乳を沸騰直前まで沸かし、火をいったん止める。

3、2の鍋に、熱湯を180cc加え、
しとらせておいた茶葉を茶液ごと入れる。

4、3の鍋に蓋をして3分蒸らす。

5、十分に温めたカップに、茶漉しで茶葉を漉しながら注ぎ分ける。





なぜ牛乳とお湯を別に沸かすのかというと、
沸点がそれぞれ違うからです。
沸点の低い牛乳を沸かしてから、熱湯を注いでくださいね。



マサラはヒンズー語でスパイスのこと。
私のお店はスリランカ紅茶のお店なので、
マサラティーではなくスパイスティー、またはキリテーといいます。
意味は同じです。
お好みですが、お砂糖を入れると艶も出るし、味もまろやかになって美味しいです。
ぜひお砂糖を入れて飲んでみてください
[PR]
by lamerveille | 2012-02-17 21:37 | 紅茶のお話