石澤晶子さんの「仔猫」


こんばんは。
11月の上野都美術館での童画展より、銀座のシャトン・デ・ミューの個展、私にとってまさに出会いの1枚でした。
童画展に出品されていた石澤晶子さんの絵です。


e0249830_23122285.jpg



ポストカードも何枚か購入させていただきました。

e0249830_2314538.jpg


e0249830_23152867.jpg



石澤さんの描く女の子がまた抜群に可愛いのです。
この絵はありませんでしたが、着ているワンピースはアンティークのレースを参考に描いたということでした。猫ちゃんの表情といい本当に素晴らしいです。
そして個展を通して、石澤晶子さんの「仔猫」を我が家の一員に迎えることができました。
お写真では油彩の良さが伝わりにくいかもしれませんが、なんて可愛らしい猫ちゃんでしょう。





e0249830_22592922.jpg


e0249830_230112.jpg



額は絵に合わせてオーダーメイドされています。
猫ちゃんが座っているクッションの赤と呼応しています。
根来塗のような和っぽい雰囲気です。








e0249830_2313089.jpg


油彩は画家の魂が感じられます。
肉筆を見るとポストカードのような印刷しているものが物足りなくなります。
ちょうどこの絵を受け取りに行った日は、山下健一郎さんの「仔猫の成長を描く」という個展も開催されていました。
ご本人様とお話もできたのですが、とても柔和な方で素敵な青年でした。






e0249830_2353899.jpg


愛猫の小豆(こまめ)ちゃんはキジトラちゃんです。
うちのエルビスによく似ています。
小豆ちゃんは女の子なので、とてもキュートで可愛らしい雰囲気を漂わせています。
こちらのドローイングを買わせていただきました。
画家の猫に対する深い愛情と猫と暮らす幸せを感じられる素敵な絵です。










e0249830_2383861.jpg


エルビスです。
ドローイングと同じポーズをしてくれないかなあと待ってましたがダメでした。








紅茶と紅茶周りの雑貨のお店
ラ・メルベイユ
[PR]
by lamerveille | 2014-12-01 23:19 | 猫、里親