<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

開店5周年

知る人ぞ知る(知らないよね)メルベイユは本日で開店5周年を迎えました。
真面目にやってきましたが、素人のお店で、至らない点がたくさんあったと思います。
今でも、店長とか店主とかって呼ばれると、むずむずしてとても恥ずかしいのですが、お店の責任者として、これからも頑張って参りたいと思います。
3年続けばいい方かなと思っていたので、5年続けてこられたのも、お客様いてこそ!本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
時々やる気をなくして、半年休んだり、開けてても閑古鳥だったり、家賃があったらつぶれるなあとぼんやり考えたり。
ハイテンションで走ってきたわけではなく、ゆっくりマイペースで続けてきたお店ですので、これからもこんな感じで、少しづつ歩いていきたいと思います。

今朝、親しいお客様よりとってもきれいなお花のアレンジが届きました!


e0249830_132551100.jpg
e0249830_13262987.jpg



美しいです。
ピンク大好き。
心が和みます。
先週気持ちが沈んでしまい、どうしようとくよくよしていたので、気持ちがぱあっと明るくなりました。
嬉しい。
主人も一緒に喜んでくれました。
開店記念日はお客様に還元しないといけないんですけど、今日はこのアレンジを眺めながらお茶飲んでゆっくりしてます。



はなのいえKirara
by lamerveille | 2012-04-17 13:38 | ショップのこと

アメリカのデッドストックの生地で、ティーコージーを作りました。


e0249830_1654178.jpg
e0249830_16541235.jpg


この生地は実に12Mも買ったのです。
カーテンにするつもりがまだしてない。
なんかこのままだと、しなさそうな気がしてきた。
刺繍が立体的で、なかなか素敵なのですよ。


thank you sold out!




今日作っていたのがこちらです。

e0249830_16583433.jpg
e0249830_16591269.jpg
e0249830_16594829.jpg


白っぽく写ってしまいましたが、アイボリーのようなベージュのような光沢のあるインテリアファブリックです。
生地が柔らかく、とても縫いにくかったので、曲がったような気がする。
何回かやり直しましたが、微妙にずれたか・・・
ずれてないかな。
使用には差し支えないですが、納得いかないのでoutlet行きでしょうね。
丁寧に縫ってこれだと仕上がってもガッカリです。
リボンにも凝っていて、素敵な生地ですよ。



e0249830_1924843.jpg
e0249830_19243848.jpg
e0249830_19252962.jpg




2500円
ご予約済み
by lamerveille | 2012-04-16 17:07 | ハンドメイド

石神井公園でお花見

昨日ですが、練馬区にある石神井公園にお花見に行ってきました。


e0249830_8363841.jpg
e0249830_8371277.jpg
e0249830_837586.jpg


わりと自然にしている池の周りをお散歩。
公園のそばにはお屋敷が並んでいました。





e0249830_8384867.jpg


買って来たお弁当でお昼。
のどかな午後でした。



いちおう勤務中だったので、事務所に帰って、仕事。
3時にはジンジャークッキーなどと一緒にティータイム。




e0249830_840266.jpg



なんでしょうか?
ティーバッグです。
ドイツの会社だったかな。
スイートスパイス、と書いてありましたが、茶葉がダメ。
社長も、「うぇっ!なにこれ?!」とかって(笑)
やっぱり社長の紅茶最高。



e0249830_84348.jpg
e0249830_8431582.jpg



ローズティーとシナモンティー入荷しています。

ラ・メルベイユ
紅茶と紅茶周りの雑貨のお店

by lamerveille | 2012-04-11 08:46 | 季節の行事

近所の桜

桜満開ですね。
お買い物がてら、近所を歩きました。

e0249830_1891030.jpg

e0249830_16195963.jpg

e0249830_16201980.jpg

e0249830_16212690.jpg

e0249830_1623492.jpg



こうして見ると雲ひとつない快晴だったのですね。
家は海のすぐそばですから、風が強かったのですが、下りてみるとそうでもなかった。
高層マンションは下から見ると改めてすごい迫力。
桜は、どんな建物や景色にも馴染む包容力のある花木だなあと思いました。
by lamerveille | 2012-04-08 16:27 | 雑記

バーレイ社のマグカップ

イギリス、バーレイ社のマグをご紹介します。

バーレイ社の故郷、ストークオントレントは、豊かな土壌と陶器に適した気候に恵まれ、昔ながらの銅板転写方法で、数々の陶磁器を生み出してきました。
バーレイ社は、このストークオントレントで、1851年にウィリアム・レイによって設立され、約150年もの間、熟練した職人たちの技術と素晴らしいデザインを受け継いできたのです。
現在もなお、職人たちが昔のままの製法で陶磁器を作り続けています。



e0249830_1292944.jpg

e0249830_12191775.jpg


「ブルーキャリコ」

バーレイ社の代表的なデザインで、氷の上に落ちたプルナス(桜の一種)をイメージしています。
長い冬を終え、春の始まりを感じさせる暖かい花柄のマグカップです。
バックスタンプも可愛い。
ぽったりと厚手の陶肌で、とても持ちやすいですよ。
わたしもひとつ取り置きしました。




e0249830_12105857.jpg


「ポルカドット&ローズ」

水玉とローズが可愛らしく合わさりました。
この柄は、バーレイ社の事務所にある古いカップボードの眠っていた古いプレートを元に改めて起こされた物です。
ブルーとレッドがありますが、どちらも揃えたくなる可愛さです。
一番下の息子とその下の娘にひとつずつ。
もちろんお店でもご紹介します。



e0249830_1213369.jpg


「ブルーアジアンティックフェザンツ」

高麗雉(きじ)と牡丹が描かれた「アジアンティックフェザンツ」シリーズは、1851年に製品化され、現在も販売されています。
優雅で落ち着いた絵柄です。
e0249830_1215038.jpg

e0249830_12143117.jpg


雉です。

バーレイは見るだけで、触ったことがなかったのですが、陶肌が厚く、ぽったりととても持ってて心地いいです。なめらかで、こんなお肌だったらいいなと思える陶器。
厚みがあると、飲み物も冷めにくくていいですね。



ラ・メルベイユ
紅茶と紅茶周りの雑貨のお店



17日で開店5周年を迎えます。
感謝の気持ちを込めて、いろいろ準備していますので楽しみにしていてくださいネ。
by lamerveille | 2012-04-08 12:19 | 新着商品

ブラッサムタイム

今日はお花見客で、あっちこっちごったがえしていたようです。
明日も日曜日ですからどこも桜祭りですね。

私も近所に花見に出かける予定でいたのですが、子どもの用事で出かけたので、桜が車から見えるような道を選んで走りました。
先週通った青山墓地。


e0249830_20282587.jpg


満開まであともう少しという感じでしたが、今日より暖かで、私は半袖だったのですよ。


e0249830_2029426.jpg


3時のおやつはやぶれ饅頭・・・・
こちらでは吹雪と呼ぶようですが、私の生まれ故郷では「やぶれ饅頭」でした。
もっと皮が薄くて、中の餡がところどころ見え隠れしていました。
この和菓子も、春の暖かい今になっては季節外れです。


e0249830_20324547.jpg


ブラッサムタイムの季節になりました!
今年はなぜか桜が待ち遠しくってたまらなかったです。
日本人は桜好きですが、私はそれほどでもなかった。
どちらかというと、沈丁花とかクチナシとか金木犀とか、香りのある花で季節を感じる体質で。
これほど桜が恋しく、遠出までして見に行くなんて。
ここ数年、体調を壊しがちだったからかもしれません。
いつも当たり前に見れるものが、今年も見れるとは限らない。
来週は元気に桜吹雪の舞う道を歩きたいです。
公園では文京区にある六義園がオススメです。
明日までしだれ桜のライトアップやってます。
by lamerveille | 2012-04-07 20:43 | 雑記

アルプスの少女。。。

アルプスの少女(この生地に私が勝手に命名しました)で、もう1点ティーコージーができあがりました。


e0249830_19392196.jpg

表は同じなんです。



e0249830_19392934.jpg

反対側は、ハイジが(これも勝手にハイジにしてごめんなさい)山登りをしている姿なのです。
左側にはバテンレースを付けました。
可愛いです。



e0249830_19435367.jpg

e0249830_19443130.jpg

e0249830_1947137.jpg


内布もタブも一緒ですが、持ち手のリボンがこちらはチロルリボンになっています。
あとはポットマットの柄が違います。


e0249830_19493666.jpg
e0249830_19501448.jpg
e0249830_19504422.jpg



ハイジが花を摘んでおじいさんに持ち帰るのです。
スイスの山の可愛らしい草花。


「もしも 遠くで こだまが 応えたら
待っててごらん ほら あの子が 呼んでいる
エーデルワイスの花輪を 青い空へ 投げあげながら
もしも 遠くで こだまが 応えたら
待っててごらん ほら あの子も 歌ってる」



レースモチーフもそんな愛らしいお花をつけています。
反対側にペーター。
こちらのセットはここでペーターが登場です。



お気に召された方、お問い合わせください。
3800円です。

ラ・メルベイユ
紅茶と紅茶間周りの雑貨のお店

by lamerveille | 2012-04-06 20:00 | ハンドメイド

「口笛はなぜ 遠くまで聞こえるの。
あの雲ななぜ 私を待ってるの
教えて おじいさん 教えて おじいさん
教えて アルムの森の木よ」


ヨーデルを歌いたくなるティーコージーですよ。


e0249830_13393754.jpg

e0249830_1340473.jpg

e0249830_13405785.jpg

生地に名前は付いていませんが、反対側のこの絵柄は、きっとペーター。

e0249830_13434090.jpg

e0249830_13435412.jpg

タブにはグリーン、白、ピンクのグラデーションのリボンに、コットンレース、チロルリボンを付けて。
内布は、グリーン地に小花柄。


e0249830_13472750.jpg
e0249830_13473780.jpg


マットもとっても可愛いですよ。
ヒツジを山に連れていって、草を食べさせている間、岩に座ってひと休みするペーター。
そこに蝶々がひらひらと舞い降りて・・・
可愛い蝶々のレースモチーフです。



e0249830_13502834.jpg



ポットマットとセットで3800円です。
thank you sold out!
by lamerveille | 2012-04-06 13:53 | ハンドメイド

ティーコージーのオーダーをよくいただくのですが、同じ生地、同じ副資材があれば、なんとか同じように出来るはず、です。が。
実際は、まったく同じに作ったことはないかもです。
同じ生地をあまり大量に買わないせいもありますが、どうしても過去の作品は、自分のなかでも過去なのです。
作ったときは満足だった作品も、振り返ってみれば、もっといいのができたはずでは?と思ってしまうのです。
昨日より今日、今日より明日のほうが、よりいい物が出来るといいなと思いながら作ります。




今回は、ライラックの花を摘む婦人・・・と勝手に命名したこちらの生地でティーコージーを作りました。

e0249830_2156662.jpg


昨夜遅くに出来上がったときの写真です。
できたてほやほや。
内布にもこだわりましたが、今朝見るとなんとなく寂しいのです。
こちらの生地は薄地のコットンで、フリンジをつけるにはボリュームが足りない。
手持ちには似合うリボンもブレードもありません。
強風の中、日暮里に足を運びました。
出来上がったティーコージーを持ってうろうろしました。
これでもない、あれでもない、とさんざん探して、やっとこれならと思い、買ってつけてみたのがこちらです。


e0249830_2211169.jpg

e0249830_2215258.jpg


ビーズのフリンジです。
タッセルより軽い雰囲気で、こちらのティーコージーによくお似合いです。
シャラシャラ音がするのも楽しい。
タッセルがついていると、糸がほつれたり光沢がなくなったりと、どちらにしろ洗いにくいので、ビーズフリンジでも同じことだと今更ながら思った。
(値段が高いのと、洗えないものはNGかな、と敬遠していました)



e0249830_2271662.jpg

e0249830_2295952.jpg

e0249830_2283119.jpg



反対側のバテンの真ん中にもビーズ、ポットマットにもビーズ、しつこいくらいにつけました。


e0249830_22121391.jpg
e0249830_22124934.jpg


タブはゴールドのリボンにコットンレースをつけて。
内布は葉っぱ柄のように見えますが、木々の中に小鳥ちゃんが見え隠れしている生地です。
お店にももちろんご紹介しますが、お天気のいい日に写真を撮って、商品説明、サイズなどを記載するので、どうせなら、もう少し作りダメしてから紹介かな。
お気に召した方、お問い合わせいただいてもいいです。
4800です。
thank you sold out!



ラ・メルベイユ 紅茶と紅茶周りの雑貨のお店
by lamerveille | 2012-04-03 22:18 | ハンドメイド

長いエクレア

豊洲が近くで、そこに入っている「aoki」というスーパーによく行きます。
お野菜も果物はもちろん、お豆腐や麺類、おさかなお肉、輸入食材でもなんでもとっても充実しています。
ラムチョッパーが美味しそうでしたが、夕方まで出かけていたので、簡単にできる焼き肉用のお肉を買いました。
私はシュークリームが好きで、見つけるとよく買いこむのですが、皮が固めとか柔らかめとか好みはほとんどありません。
とにかくシュークリームなら何でも好き、というくらい(笑)
今日はどっしり重たいシュークリームと、長~いエクレアにしました。


e0249830_14364012.jpg



メーカーがわからないですが、ずしっと重たいだけあって、カスタードクリームたっぷりです。
皮は、シチューに被せてあるようなパンタイプのあまり甘くないものでした。
使っているプレートはお店でもご紹介している、ロイヤルアルバートの「レディーカーライル」
私の中では、マリーアントワネットのイメージのトリオです。
ピンクがとっても可愛いのです。









e0249830_14375721.jpg


エクレアはこんな感じ。
私も頬ばりました。
長いだけで美味しく思えるから、食べ物の大きさや形は大事ですね。
こちらは大きさの割に軽い食感で、2本くらいはぺろっといけちゃいそうです。


e0249830_144092.jpg


暖かくなるときれいな色の花を飾りたくなります。
このバラはアーティフィシャルフラワー。
ピンクもいろんなピンクがありますが、誰もがピンクと言えるピンクを選びました。
遙か昔、ディオールのこんなお色の口紅を持っていました。
六角形のケースに入ったリップ。
きれいなピンクでした。
海外旅行のお土産でいただいたのですが、花の女子大生とは無縁の地味な私でしたから、まったく似合いませんでした。
年齢を重ねた今なら意外と似合うかな。



ラ・メルベイユ 紅茶と紅茶周りの雑貨のお店
ティーコージー2点作っています。
明日はまた生地を探しに出かける予定です。
by lamerveille | 2012-04-02 14:50 | スイーツ